ジャックの寝言 vol.59『応援メッセージ(3)』

コロナの影響で、世の中がかつて経験したことのない事態になっていますね。


そしてその一つとして弁理士試験の延期。

受験生の皆さんにとっては中心の大問題だと思います。

様々な不安、モチベーションの維持、先の見えない苛立ち。

例年だって不安でいっぱいなのに、なんで自分の受ける年なんだ・・・そう思ってしまうでしょう。


 ところで、「仕事」って案外と先の見えるものの方が少ない気がします。

 弁理士の仕事もそうだなと思うのです。

 出願した後でも、登録になった後でも。


 私は、弁理士は「良いところを見つける仕事」だと思い、日々の弁理士業務に臨んでいます。

 それは、特許だけでなく、商標だって、意匠だってそう。

 厳しい状況であっても、「でも」、「でも」と、解決の糸口を探し、提案できる力は大切だと思っています。

 それが「強い弁理士」なんだろうと信じています。


ですから、試験開始までの時間が延びてしまった今、その状況の「良いところ」って見つけられないでしょうか。


基礎をもう一度しっかり固める。

なんとなくで済ませていたところを質問してみる。

条文を何度も読み返してみる。


時間に任せて勉強の手を広げすぎてしまうのは危ないですが、

この延びてしまった時間を自分自身にとっての「良いところ」に転換できないでしょうか。


私自身、今、実務をしていてもこの状況に不安なことはたくさんあります。

でも、その状況だからこその「良いところ」を探して踏ん張っていきたいと思っています。


皆さんが、今年のこの厳しい状況を乗り越え「強い弁理士」として活躍されることを祈っています!


前川知的財産事務所

弁理士 北畠健二

http://www.maekawa-ip.com/