ジャックの寝言 vol.83『「納冨美和の短答特訓ゼミ」応援メッセージ(2)』

(しんちゃんの「紅蓮華」をバイオリンで弾いている姿を見て、毎朝、気合をいれている高橋です。小さい子供が頑張っている姿は、漫画やYoutube三昧で、お金が降ってこないかな~、働きたくないな~と思っているおじさんには、刺激的です。短答ゼミが始まり約1ヵ月が経ちました。個人個人で色々と感じることがあると思います。ということで、昨年の一発合格者から応援メッセージを書いてもらいましたので、少しでも刺激を受けてもらえればと思います。)


みなさん、お疲れ様です!!

私はみなさんと同じ、納冨先生、高橋先生の下で学んだ、昨年のベーシック生です。

高橋先生よりご依頼いただき、短答特訓ゼミの良かった点など、書かせて頂けることになりました。

稚拙な文章で大変お恥ずかしいのですが、お付き合い頂けますと幸いです。


■短答特訓ゼミを受講してよかった点

1.条文の読み込むポイントがわかる

ゼミの受講前後で大きく変わった点は、「条文のどこから問題がつくられるか」という視点で、条文を読めるようになったことだと思います。

ゼミの講義を通じて、短答の問題作成者が、条文のどういった部分から問題を作成するのか、学ぶことができました。

上述の部分を意識することで、漠然と条文を読んでいる時より、効率的に条文を読み込めるようになったと思います。


2.自分の不理解が気付ける

私の場合ですが、自分の理解不足を自分で気付けるほど、優秀ではありませんでした(苦笑)。.そのため気づかない知識の穴がありました。

先生との問答と通じて、先生の方から理解不足な部分を気付かせて頂けるので、穴を的確に埋めていくことができます。この点は大変助かりました。

先生に当てられて分からない時は、不理解に気付けてラッキーと思ってください!

もちろん、ちょっと落ち込みますが(笑)


3.インプットの段階的な要求レベルがわかる

試験直前のインプット量はかなり膨大でした。そのため試験当日に向け、“段階的”にインプットの強度を上げていくことが、重要だったのではないかと考えています。

今はこのレベルでOK、試験直前はこのレベルまでが必要、という内容をゼミで具体的に示して頂けます。

高いハードルを一気に越えることは難しいですが、“段階的“にハードルを高くし、一つ一つ超えていけるよう努力できたことが、合格レベルの知識量に届いた要因だったと思います。


■ゼミの復習方法

とても緊張感のあるゼミです。

他の授業と比較しても強く記憶に残りますので、

復習にあまり時間はかからなかったと思います。

PCTの回は除いて、

私はテキストを軽く見直す程度でした。

また復習用にゼミで配布頂いた、

条文の一部が虫食いになっているテキストは、

条文を読み込む際の確認用として、

Nプロジェクトシートとともに重宝しました。


■最後に

短答試験前の期間は、きちんとインプット出来ているのだろうかと、本当に毎日不安でした。そんな時、私は必ず、自分の条文集を見ていました。

私たち受験生のヨレヨレになった条文集は、これまで積み重ねてきた努力の証です。

正しい努力を続けていれば、その努力は決して裏切らないと信じています。

最後に、短答試験の勉強で一番私が恐れていたことは“詰めの甘さ”を残すことでした。

妥協は必ず後悔を生みます。

“有限”の中で“完成度”を高める勉強が大切だと思います。

心から応援しています。

頑張ってください!!!